TOOLS FOR LEARNING BASICS

MADE IN NIKKO, JAPAN

“Freedom is it should be free and to become to be inconvenient.”

自由とは、自由であるべく、不自由になることである。

- Jean-Paul Sartre

良い課題を作るには、ホールドを正しく使う。

そこから全てが始まります。



ルートセットに潜むリスク

ルートセッターである私たちは、自分が設定した課題にどのような欠点があったかを常に振り返って検証していなければなりません。自分では良いと思っていても、モチベーションの高いクライマー(何度も練習をするクライマー)を、練習によって悪循環に引きずり込んでしまう可能性があります。私たちは常に自分の基礎を磨き、合理的なクライミングの「型」を体現できているかどうかを問い、健全な手本を示しながら、模索し続け、精進していかなければなりません。

基礎を学ぶために

セッターにとって、型とはなんでしょうか? 基礎とはなんでしょうか?
クライミングはとても複雑な運動です。体系立てて学びたくとも、入り口がどこにあるのかさえ不透明です。
Shojinholdsは「ホールドの基礎的な使い方」を足掛かりとして、あなたのルートセットを根本から進化させます。

ルートセッティングにまつわるコラムを公開しています。
ルートセッティングという他に類を見ない特殊な素晴らしい技術をより広い視野で探究していきましょう。

最近のブログ投稿


“守りつくして、破るとも、離るるとても、本(もと)を忘れるな.”

You have to observe manners strictly and then you can violate them or break with them provided that you are still based upon the principles.

- 千利休 / Sen no rikiyu

Basics for high quality

基礎を学び、型をつくる

Shojinholdsの目的は、ホールドを通してクライミングの基礎を学び、正しく、健康的に上達できる課題を作るための「教材」として使用されることです。

ホールドによる力の方向の変化や、持ち感をきっかけに、新しいフォームの真理を発見できるかもしれません。初めはただホールドをつけているだけかもしれませんが、次第にホールドの使い方の基礎が身についていくでしょう。その時間の分だけ、あなたの基礎は練り上がり、基礎の重要性さの理解も深まり、それを表現できるようになっていくでしょう。

私たちのホールドで作られる課題は、お客様にとって、ただ次から次に課題を消化して上達した気になって満足するものではなく、クライマーの能力、体力、メンタル、技術力を基礎から着実に磨き育て、ルートセッターの考える正しい「型」を作るためのものです。

「型」を習得する環境

クライマーがしっかりとした基礎技術を身に付けたいと思っても、それは簡単ではありません。練習は個人の努力ですが、上達したい人にとって、良い練習環境の確保は大問題です。

基礎技術を身に付けられる環境とはどういう環境でしょうか?

基本の型を身につけるためには、それを身につけるための課題が必要です。ルートセッター次第であると言っても過言ではなく、その課題には、型の原点となる基本動作の原理の一貫性があり、一つ一つの動作がしっかりと理論立てて構築されています。

そうした課題が揃って初めて、しっかりした反復練習ができるようになります。最適なフォームを身につけ、動きと技術を身につけ、健康的で良いクライミングを実践できるクライマーへと成長を促すことが可能になるのです。

課題すべての動作を理論立ててセットする。もちろん、はじめからできるわけがありません。
では、どこから始めればよいのでしょう。そう、ホールドの基礎から始めればよいのです。

ホールドを通して習得する「型」

Shojinholdsは、「基礎から学び直したい」と思うあなたに完璧な教材です。ホールドを正しく使うことによって、理論立てられた基礎とは何か、型とは何かということが直感的に理解できるようになるのです。

各ホールドには、基本的な方向性(基本的な取り付け角度)と基本的な持ち方(基本的な持ち方)がイラストと文章で記載された仕様書があり、特徴や使い方のコツなどが記載されています。仕様書をフォローし、ホールドに使用制限を設けることである程度のコツと大切な感覚が学べるようになり、それを自分のクライミングトレーニングに応用し、基礎練習を積み重ねていくことで、必ず新たな発見や原理が見えてきます。そうすることで、セッティングの質が向上し、より堅実で最適な型へと進化させることが可能になります。

クライミングのセッティングスキルと型は常に表裏一体の関係にあります。また、課題の質やクライマーの上達度、インストラクターの技術や知識、クライミングジムのトレーニング環境など、お互いに影響し合うものは非常に多くあります。
その原理的なテクニックをマスターために、正しいホールドを正しく使う練習が必要なのです。始めるのにちょうど良いタイミングなどありません。さあ、今すぐにでも始めましょう。

It all starts with acceptance.


“When you adapt to the constraints, your possibilities expand infinitely”

制約を受け入れることで、あなたの可能性は無限に広がっていく。

- Shojinholds

LEARNING

強力な、2つの練習法

使い方を制限する

一定のルールのもと、ホールドの向きを制限しながらセットしていきます。
はじめは課題が単調に思えるでしょう。それでもかまいません。距離感や体の位置などを調整しながら、自分にとって心地よいポジションと、基礎フォームの理想的なポジションとの違いについて自問自答していきましょう。

Grip Guide

ホールドの使い方の基礎には、2種類のアプローチがあります。ホールドの向きと、持ち方です。各ホールドにはガイドラインがあり、基本的な取り付け角度、と、右手・左手の基本的な持ち方についてイラストが記載されています。Grip Guideはホールドカタログから各シェイプのデータを閲覧・ダウンロードができます。

サンプルを見てみる

課題をコピーする

既成課題をコピーしてください。
よーくホールドを観察し、その課題が体に馴染むまで何度も登ります。ホールド一つ一つがその向きで付いていることによって、フットホールドが出たり無くなったり、腕の引きつける方向が変わったり、そのせいでボディポジションが変化したりすることを感じ、ホールドが配置される感覚を体で覚えましょう。

模倣の大切さを詳しく読む(ブログ)

Problem notes

精進ホールドで作られた課題がブログに掲載されています。課題ノートでは課題の詳細とポイントになるクライミング動作、セットのポイントなどを動画とともに解説しています。その他セッティングにまつわるコラムなどを紹介していきます。

公開されている課題を見る(ブログ)




反応し合う、2つのスキル

ルートセッティングには、自分のクライミングスキルがそのまま表現されていきます。ホールドのベーシックな使い方を基準として、自分自身の弱点と特技を見つけ、基本姿勢を進化させていくことができます。その姿勢を課題に落とし込むためには、ホールドの正しい使い方への理解が不可欠です。

セットスキルとクライミングスキルを行ったり来たりすることがルートセッターにとって最も大事な基礎トレーニングとなり、それぞれのスキルの変化が相乗効果を生み、課題がどんどん進化していくことでしょう。

良い基礎課題への道のりは、長く、険しいのです。
しかし、そこにはルートセッター以外には知ることのできない世界があります。

ホールドのちょっとしたふくらみに感激するようになるでしょう。そのフットワークがホールドの絶妙な角度によって生み出されていることに気付き、感動するでしょう。それは基礎の大切さに気付き、それを深く見つめた者だけが分かり合える素晴らしい体験です。

ようこそ、ルートセッティングの大海原へ。
いますぐ、鍛錬をはじめましょう。

基礎スキルチェック

  1. 課題をセットする
  2. Shojinholdsを使って、自分なりになるべく基本に沿った課題をセットしてみる。
  3. Grip Guideを参照する
  4. Grip Guideで推奨されている角度の範囲内に付けられているか、持ち手の向きや方向は合っているかをチェックする。
  5. 合わなかった場所を検証する
  6. Grip Guideで推奨されているものと相違している部分があれば、なぜそうなったのかを検証することが大事です。ここで生まれる疑問が、スキルアップの重要な要素ですので丁寧に検証しましょう。

HOLDS

theory

50 holds / XS - XL

新しいはじまりはここからスタートします。左右上下の区別がしやすく、基本から外れる向きに取り付けた時に、嫌なホールティングの感覚を与えることで強制的に間違った取り付け方を抑制します。フットホールドとなるテクスチャもシンプルに適度に目立つので、流れのよいフットワークを作りやすくなっています。

View All Theory

NORM

50 holds / S - XL

ホールドに促されるのは登り手だけではありません。ルートセッターも同じく、ホールドにある微妙な膨らみや角度の切り替わりに残された少しの面によって、新たなフットワークの着想を得ます。ホールド選び、ムーブ選びの基本であり、ホールドのテクスチャや膨らみを最大限使いこなすための重要なスキルです。

View All Norm

Recommend Holds

to fit Shojinholds

基本に忠実であり、使い勝手が良く、独創的なムーブを想像させてくれるホールドを生み出すことは、長年の経験とある種の閃きが必要です。世界には優れたホールドが沢山あります。Shojinholdsのシェイプは基礎的ないくつかのポイントしかフォローできませんが、ホールドの市場には可能性が満ちています。

今ではホールドブランドも数えきれないほどあり、星の数ほどのシェイプが存在しています。その中から、基礎の習得や、その表現に最適なホールドを見つけることは非常に難しいことです。そこで、私たちが今までに使用してきて、基礎的で謝った使い方になりづらく、さらに想像的で素晴らしいホールドをいくつか紹介します。

これらのホールドとShojinholdを組み合わせて使えば、課題のバリエーションは何倍にも膨れ上がり、それはまた新たなフィードバックループを作り、あなたのチームの成長を助けることでしょう。

Metolious

PU Basic Series

メトリウス社のCommercial PUにあるBasicシリーズは、シンプルで癖が少なく、どんな課題にもフィットします。その中でもBasic Edge、Basic PinchはShojinholdsに無いシェイプが沢山ありますので、セットする基礎課題のバリエーションを増やるのに有効です。ShojihholdsのGrip Guideを見ていれば、これらのホールドをどう使えばいいのかは、一目瞭然でしょう。

Free Stone

Easyシリーズ / Basicシリーズ / Evolutionシリーズ

フリーストーン社のホールドは絶妙な尖りや膨らみに一癖あって、ムーブの想像力をかきたてられます。その点、うまく使うのが難しいので、ある意味ではルートセッティングの能力が非常によくわかってしまうホールドブランドとも言えます。基礎を十分に理解しているセッターでないと諸刃の剣になる可能性が高いので、中級以上のセッター向けと言えるでしょう。逆に、セットのトレーニングに向いているホールドとも言えます。

HRT

POCKETS MEGA / EDGES M4 / PINCHES M1 など

非常にシェイプの数が多いHRTですが、いくつかのセットではベーシックな課題に非常に使い易いホールドが含まれています。上にあげたセットの他にも素晴らしいホールドがあるのですが、現在のWEBカタログでは見つかりませんでした。残念。HRTの小ぶりなホールドセットは、シェイプのバリエーションに富んでいて、どう使えばいいかまったくわからないと思っていたホールドによって、思いもよらないムーブを発見できたりするのも面白いポイントです。

Teknik

Dragonflys / Gnuts / Midges など

みんな大好きテクニックは、ピリっとしたアクセントを加えるのにピッタリです。ただし、高さが厚めのホールドが多いので、大きすぎるフットホールドになってしまわないように最新の注意が必要です。上に書いたDragonflysなどは、使い方も難しくなく、それでいて独特なムーブを生んでくれる名ホールドです。115度くらいまでの傾斜でベーシックな課題に添えるアクセントにピッタリです。

Axis

アクシスは、2010年-2014年のシェイプで非常に良いものがいくつかありましたが、残念ながら現在はカタログにありません。近年のシェイプは使用したことがないのでなんとも言えませんが、19.4から19.13あたりまではアクシスらしいシンプルで使い勝手のよいピンチ・ガバのように見えます。欲しいです。これらのように、ヌルっとしたガバやピンチの塩梅が良く、強傾斜でのベーシックな課題、それも高グレードにバッチリです。シェイプも割とベーシックに使い易いものが多いです。

Others

他にもおすすめできるホールドは沢山ありますが、どのホールドも使い手のスキルレベルによって、とても良い課題になるか、はたまたその逆になってしまう、ということが言えます。

基礎を勉強している段階 - 基礎を理解した段階 - 基礎課題をセットできる段階 - 基礎によって幅を広げる段階 - 基礎の応用の段階

このどの部分に自分がいるのか、正しく判断して、その段階に適したホールドをチョイスして練習を積んでいくことが最も効率的でしょう。特に前半の段階において、見栄えのよいピンチやスローパーでお茶を濁すようになってしまうと、伸び悩みの原因になるので注意が必要です。

チーフセッターもしくはオーナーが、客観的に自分のセッターチームのレベルを判断し、ある程度どういったホールドを使わせるのかをセット毎に管理することで、練習の効果、時間の節約は最大化します。


Shojinholdsをご購入いただいた方には、他ブランドのホールドチョイスや、セッターチームのスキルレベルの判断の仕方など、メールでサポートいたします。


BUY / Support

お取引条件などお送りしますので、以下のEメールまでご連絡ください。

info@shojinholds.com

どのホールドを買えばいいかわからない。自分の基礎スキルがどのくらいなのか知りたい。
など、疑問があればお気軽にご相談ください。



初回購入特典 1

Theory, Normどちらかのシリーズの全てのホールドをご購入いただくと、非売品ロゴTシャツを1枚差し上げます。

初回購入特典 2

税抜合計金額が70,000円以上のご注文で、Grip Guideの冊子版をプレゼント。

90日保証

  1. 発送日より90日以内に起こった破損については、新品に交換いたします。
  2. ドリルで締め付け過ぎたり、落として脚立で踏んでしまった、などでも交換します。
  3. 【保証適用外】故意に破損させた場合は保証いたしません。

注意事項

  1. 商品の発送は、入金確認より2~3週間後になります。
  2. シリコン型を併用しているので、異なる色が少し付着している場合があります。
  3. 小さい傷や汚れなどがあります。
  4. 試登の際は必ず回り止めを入れてください。回り止めが無いと絶対に回ります。
  5. その他、クライミングホールドの一般的な特性をご理解願います。

Color


*Purple、Orange、Pinkも追加しました / 写真の色合いと実物は多少異なります


SUPPORT

基礎を受け入れ、習得するには長い月日がかかります。
また、基礎を学ぶときは、一つずつ自分自身で消化することが重要です。

1ヶ月〜3ヶ月、自身で基礎を考えながら練習し、その間に生まれた疑問点について短時間の講習で答えもしくはヒントを得ることで、基礎への理解と習得を飛躍的に伸ばすことができます。

Shojin Wall

ホールドのご購入者+関係者1名様まで、(同)東京粉末と共同で利用しているプライベートウォール(東京都東大和市)をご利用いただけます。YouTubeで公開している課題を実際に登っていただけます。ご予約が必要ですので事前にご連絡ください。

利用料:1000円〜

Setting Course

ホールドのご購入者+関係者1名様まで、弊社プライベートウォールを使ったセッティング指導を行います。3〜5回の定期講習が最も効率的です。ご予算や求めるレベルなどに応じて最適なプランを一緒に考えましょう。

料金プラン:要相談

zoom / Skype

リモートミーティングアプリを使って、実際に課題を見たりホールドを手に取りながら、ホールドの使い方や選び方と応用などサポートいたします。現在のセッティングの基礎能力を客観的に判断でき、ステップアップのための具体的な練習方法などを提案します。

基本プラン:30分 3,000円(税抜)

E-mail

ホールドとルートセッティングの関係性、セッティングの考え方など、様々な疑問にメールでお答えいたします。
リモートアプリとは違ってレスポンスが遅いですが、考え方や理論的な部分でのサポートはメールが向いています。また、リモートサポートのフォローで記録に残すためにもメールを併用します。

プラン未定(購入者無料)


Produced / Shaped by Mitsuo Yamamoto

© 2020 Shojinholds
Nikko, JAPAN